米専門家たちが断食の効用を確認 | 断食道場のCat inn Neko

アメリカの専門家たちが、1日に16-18時間食事を避けたり、または1週間に一定の感覚で断食をすることが寿命を延ばし、数多くの病気を予防することを確認した。

6時間の食事と18時間の絶食が、グルコースベースのエネルギーからケトンベースのエネルギーへの代謝転換を引き起こし、ストレス耐性の増加、寿命の延長、がんや肥満などの病気の発生率の低下をもたらすという証拠が蓄積されています。

ラファエル・デ・カボ博士 & マークP.マットソン博士

以下考察

断食の効果は、近年様々なところで証明されつつある。

元々、人類の長い歴史からすると飢餓は、身近な出来事としてよくあったが、飽食は割と近年の話題かと思う。

飢餓耐性は、人類の中に多くあるかと思いますが、飽食からの病気の耐性には人類は今だ難しいように思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました